ヒステリックミニ リュック ランドセル 多機能 大容量

レジ袋有料義務化で

減ったのはゴミじゃない、自由だ

ということで、今日はこちらのツイートから。


ちょっと前にツイートした

レジ袋有料義務化と独占禁止法

について、書いてみようと思います。
まず独占禁止法についておさらいしましょう。
 

仏師彫り 稀少珍品 愛染明王像 彩繪 供養品 木彫仏像 商売繁盛 仏教工芸品

不動明王 極上品 火炎光背 明王像 不動尊 商売繁盛 守り本尊 仏壇 仏像

のことです。
この法律は、公正かつ自由な競争を促進し、事業者が自主的な判断で自由に経済活動できるようにすることを目的としています。
自由な経済活動が出来れば、事業者は自らの創意工夫でより安くより良い商品を作りだし、それにより利益に繋げることができます。
また自由な経済活動による企業間競争によって、私たち消費者は自分のニーズに合った商品を選択することが出来、結果豊かで便利で快適な生活を送れるようになります。
そのために独禁法では、一事業者が、他の事業者を経済活動から排除したり支配したりすることを禁じ(私的独占行為)、また業界団体の事業者同士が互いに結託し、商品の価格や生産数量などを共同で取り決め、企業間競争を機能させなくすることを禁止しています。(カルテルによる不当な取引制限)

さて、昨年7月から施行された「レジ袋有料義務化」ですが、上記ツイートにもあるように2007年の時点では

レジ袋の一律有料義務化は独占禁止法違反

であると公正取引委員会により見解が出されています。
当時の報道記事をご覧ください。


新潟県佐渡市において、レジ袋を一律5円に有料化しようとしたところ、公取委より

「一律価格は不当な取引制限に当たり、カルテル行為を禁じた独禁法に触れる」

大迫力 木彫仏像文殊菩薩 普賢菩薩座像一式 柘植材 仏教工芸 財前彫刻

として指導が入ったのです。
公取委の見解はもっともだと思うのですが、ところが一転、その後公取委は

レジ袋5円と一律有料化することは独占禁止法上問題となるものではない

と見解を180度転換してしまいます。


独禁法に当たらないとする理由を要約しますと

●レジ袋は商品ではなく副次的なサービス
●業者間競争はレジ袋ではなく商品取引で起こっている
●よってレジ袋有料義務化では小売事業者間での競争は制限されない
●消費者にとってレジ袋は商品購入に当たり必要不可欠なものえはなく、また消費者はレジ袋を目的として来店していない
●レジ袋削減は社会的理解が進展しており、正当な目的に基づく取組

といった内容です。
もっともらしいように聞こえますが、しかし現実は違います。
それを知るために、レジ袋有料義務化に至る流れを見てみましょう。

レジ袋有料義務化の出発点はバブル経済で日本中が元気だった昭和末期まで遡ります。
1988年以降、一般家庭ごみの量が激増し、最終処分場がひっ迫したことから「ゴミの量を減らそう」という課題が持ち上がってきたのです。
そこで生産者責任の考え方に基づき、容器包装の製造を行う事業者に再商品化の義務を負わせ、リサイクルを進めることを内容とした「容器包装リサイクル法」が平成7年に制定されました。
その後、容リ法制定から10年の平成16年に中央環境審議会などで容リ法の検証が行われました。
木彫りの手が小さな葉黄楊木を彫って仏手のストラップを彫った
これを受けて、平成18年に「容器包装リサイクル法」が改正されることになります。

その時に上がったのがレジ袋有料化です。

平成18年の容リ法改正をめぐる審議会では、レジ袋無料配布禁止などが議論されましたが、結果的には以前も記事に書いたように「直営店買付【PRADA】フード付きナイロン ドッグレインコート」として明文化は見送られることになります。

しかし、レジ袋有料義務化が明文化されなかった理由はそれだけではありません。
大手スーパーマーケットが加盟する日本チェーンストア協会は一貫してレジ袋有料義務化の法制化を求めたのに対し、コンビニなどが加盟する日本フランチャイズチェーン協会が反対したことも大きな理由のひとつです。

ではなぜ、大手スーパーマーケットが加盟する日本チェーンストア協会は一貫してレジ袋有料義務化の法制化を求めたのでしょう?
それは

レジ袋を法律で有料義務化してくれないとレジ袋無料の店舗に顧客が流れてしまうおそれがある

という理由からです。

ペアピアス 一粒石 六芒星 ガーネット 1月の誕生石 k18イエローゴールド キャッチ付き 中サイズ

では話を元に戻しましょう。
公取委はレジ袋有料義務化が独禁法にあたらない理由として

●業者間競争はレジ袋ではなく商品取引で起こっている
●よってレジ袋有料義務化では小売事業者間での競争は制限されない
●消費者にとってレジ袋は商品購入に当たり必要不可欠なものえはなく、また消費者はレジ袋を目的として来店していない

としています。
しかしそれが間違いであることは、日本チェーンストア協会の

レジ袋を法律で有料義務化してくれないとレジ袋無料の店舗に顧客が流れてしまうおそれがある

という賛成理由が証明しています。
これは言い方を変えれば

週刊少年ジャンプBLEACH

であるということで、公取委は誤った判断をしていると言えます。


さて、最後にもうひとつだけ触れておきたい事実があります。
公取委はレジ袋有料義務化が独禁法にあたらない理由として

●レジ袋削減は社会的理解が進展しており、正当な目的に基づく取組

ということも挙げています。
前述したようにレジ袋有料義務化は、元々は一般家庭ごみの量を減らすことを目的にしています。
そこでこの表をご覧ください。

18 K気質のパールロングイヤリングピアス9
9位の富山県に注目していただきたいのですが、2003年に比べ2013年度の1人1日当たりのごみ排出量は増加しており、その増加量は全国2位です。


なぜ富山県に注目しているかというと、富山県は2008年に全国に先駆け全県的にレジ袋有料義務化を始めた県だからです。

富山県では、レジ袋が有料義務化される前の2003年より導入5年後の2013年の方が一般家庭ごみが増えた

これが事実です。
これで

減ったのはゴミじゃない、自由だ

の意味がわかっていただけたと思います。
そしてこの自由は私たち一人ひとりが不断の努力によって守るべきものなのです。




減税新聞ではブログ記事の投稿を募集しています

減税、規制緩和に関することなら内容、文字数等の制約はございませんが、他媒体からの転載はご遠慮ください。
投稿は、一旦、管理人にて内容を確認させていただいた上で、掲載します。
著作権に充分注意の上、ご投稿いただきますようお願いいたします。
当サイトが不適切と判断したものは掲載を見送る場合がございますので、何卒ご了承願います。
また掲載されるまでにお時間がかかる場合があります。
皆様のご投稿お待ちしております。